東京医科歯科大学眼科入局希望者
2009-12-24 17:58
(医)深志清流会 清澤眼科医院
記事に戻るコメント(0)を読む・書く


後期研修の基本型
 話題としては、"すべてのを東京医科歯科大学病院当医局は受け入れてくれないので、せっかく東京医科歯科大学の眼科を志望してくれた前期研修修了者の全員を受け入れることができなくて残念"という主任教授望月先生のお話がありました。
 後期研修の基本型は図をクリックしていただくと拡大できます。(東京医科歯科大学の後期研修HPにリンク

 全国的に志望者が減っている外科と麻酔科を優先して採用するからだということですが、その年の入局者数は、数年後の眼科教室の臨床と研究との両方の活性に直接響いてくるものだけに重大な難問です。

 現在の日本眼科学会の制度では、眼科専門医を取得するにはいずれかの大学病院で一年以上の研修を受けなければなりません。それはいずれかの大学の眼科への入局が必要ということです。東京医科歯科大学眼科への入局にはどこの施設であってもよいですが、初期研修が済んででいる必要があります。しかし、東京医科歯科大学での初期研修は必須ではありませんから多くの優秀な新人がよそからも来てくれたら良いと、私は教室のOBとして常々思っています。
PC清澤眼科医院通信http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/2009-12.html#20091213

記事に戻るコメント(0)を読む・書く
検索
キーワード

カテゴリ
コンタクトレンズと眼鏡 (31)
全身疾患と眼、健康一般 (13)
医療制度、政策 (8)
小児眼科疾患 (12)
眼瞼痙攣、片側顔面けいれん、ボトックス (41)
眼科以外の話題 (371)
眼科医院通信 (688)
社会問題と眼科 (22)
網膜、硝子体、ぶどう膜疾患 (37)
緑内障 (9)
脳、視中枢 (2)
複視、眼球運動 (6)
視神経、視路、視野 (11)
角結膜、前眼部 (36)
月別アーカイブ
2011年12月 (28)
2011年11月 (64)
2011年10月 (93)
2011年9月 (83)
2011年8月 (61)
2011年7月 (55)
2011年6月 (61)
2011年5月 (46)
2011年4月 (84)
2011年3月 (15)
2011年2月 (40)
2011年1月 (51)
2010年12月 (93)
2010年11月 (7)
2010年10月 (82)
2010年9月 (20)
2010年8月 (70)
2010年7月 (33)
2010年6月 (55)
2010年5月 (48)
2010年4月 (55)
2010年3月 (43)
2010年2月 (39)
2010年1月 (39)
2009年12月 (29)
2009年11月 (3)
2009年10月 (19)
2009年9月 (4)

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ
(医)深志清流会 清澤眼科医院

清澤眼科医院
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。